日刊「日本金属通信」 
HOMEへ戻る
一面記事 
2020年2月26日
中国国内在庫、ついに2000万d台突入
HCや線材など2、3倍増
輸出価格更に下落、国内需給悪化で
JFEスチールの「カクホット」がパビリオンに採用
関東市場、ポスト五輪需要に悲観論も
建機工・出荷金額は19年度8%減、20年度2%減
業務用厨房設備、ノンフロン化進展の需要期待
「春先も期待感なし」(全鉄連業況アンケート)
2020年2月25日
伊藤製鉄、筑波工場で労働環境改善
「夜間操業」から脱却へ
電力契約変更で操業体制見直し
東京五輪でTクレーン撤去には応じず
鋼材物流、ストックヤード置き場設置
鉄鋼連盟、1月粗鋼7カ月ぶり増の824万d
中央鋼材が新工場倉庫を建設
鋼材市況「今週の展望」(東京)
2020年2月21日
中国ミル、輸出向けドライブも
国内在庫増、輸出契約にも難問
4月オファー値下りも静観か
日本製鉄、バローレックの増資引受け
隈氏監修のチタン商品、日本製鉄材を使用
荷動きはしばらく今の状態に(OSA形鋼部会)
「情報交換の場として有意義に」(新鉄連/澁井会長)
記者室(竹内ハガネ商行/竹内誠二社長)
2020年2月20日
関西地区の電炉鋼材市場の行方
先安観と逆張り機会
スクラップ業界は懸命に歯止め策
建材薄板需要、20年は厳しく
三晃金属、省施工性の屋根商品を発売
市況弱含み、在庫は多いまま(OSA薄板部会)
プライメタルズ、連続タンデム冷間圧延機納入
覆面インタビュー(平鋼の値差)
2020年2月19日
中国コロナ禍でトルコ玉オーダー
中東への振替が進行
中国の生産減─輸出減で「新事態」
共英製鋼、鉄筋3契は販価据置で売出し
リバーHD、東京証券取引所第2部へ上場
伊藤忠丸紅鉄鋼、社長に塔下副社長が昇格
東西南北(レンガ不足で鉄鋼生産停止も)
スクラップ軟化で商い控えめ(大阪鉄商親和会)
2020年2月18日
伊藤忠丸紅特殊鋼、新CC稼働
将来の「受け皿」にも
拡張余地あり、加工能力月間4000d
東京製鉄、3契販価据置き
鉄鋼連盟まとめ、3Q受注は4%減の4816万d
新社長に聴く(大日商会/中田晴己氏)
二相系トング、NSステンレスと関川鋼販連携
鋼板メーカー販価、行過ぎ注意