日刊「日本金属通信」 
HOMEへ戻る
一面記事 
2022年8月18日
東京製鉄、9月販価高い注目度
下期市況のカギ握る
原料・製品、海外底打ちを踏まえ
協和、新装置武器に拡販加速へ
国内鉄筋6月出荷、62万3000d(普電工まとめ)
Ni系薄板の流通販売、販価70万円台も出現
ボス新顔(神商鉄鋼販売/藤原紀仁社長)
市況の勘どころ(H形鋼/大阪)
2022年8月17日
アジアの鋼材市況回復に弾み
中国市場底打ち鮮明
粗鋼も大台割れ需給調整が進む
鉄鋼連盟6月用途別受注、普通鋼470万dで4.4%増
中国の自動車、7月生産245万台で順調に復調
東西南北(アジア市場潮目で日本市場影響は)
イノウエ、さらなる成長へまい進
記者室(大裕鋼業/井上作雄相談役)
2022年8月16日
関東鉄源、鉄スクラップ入札
8契4万2000円で落札、2500円安
海外動向に変化、底値見えたか
米国ミル、下期向け供給調整尽力へ
横浜スリッター、小型スリッター導入や更新検討
高砂金属工業、今期は切板・BHは前期並みに
神戸製鋼のセグメント別業績、通期増益見込みは電力のみ
関東地区鉄筋のフリー物件、リスク面などから見方に変化
2022年8月10日
経産省の鉄鋼生産計画、輸出大幅減
2Q粗鋼2293万d、前期比横ばい
国内向けわずかに増加も低水準
神鋼、通期経常益800億円据置く(高炉3社第1四半期決算)
世界的不需要期、回復力強さ欠く(鉄産懇/廣瀬会長)
大阪鉄商親和会、広幅などで価格転嫁が進展
覆面インタビュー(薄板市況の行方)
関西地区の冷延定尺市況、現状維持が厳しい状況に
2022年8月9日
中国鋼材市況が3週連続で上昇
鉄筋など政府対策功奏す
7月の輸出も700万d台割れに
九州地区小棒、堅調な需要背景に価格見極め
コモシタマテリアル、アイトレ増設作業が完了
総合商社・金属関連22年度1Q業績、事業会社が貢献
ボス新顔(西鋼/横田洋史社長)
市況の勘どころ(SC丸棒/東京)
2022年8月8日
JFE、厚板エキストラを改定
板厚7_以下1万円値上げ
商品価値相応の価格帯を目指し
日本製鉄の鋼管杭・鋼矢板エキストラ、加工工程対象追加改定
鋼材市況「今週の展望」(東京)
各社浮上、赤字4社に減少(電炉主要11社1Q業績)
ステンレス1Q業績、販価上昇で各社増収増益
鉄場(大日鋼業/中村雅夫社長)