日刊「日本金属通信」 
HOMEへ戻る
一面記事 
2019年12月12日
関東鉄源、12月契約の輸出入札
国内より高値の2万5804円
海外市場との連動性色濃く
東京製鉄のスクラップ購入価格、全所で500─1000円上げ
東鉄1契で「底入れ」確認か(師走相場の明暗材料が綱引きG)
工具鋼、加工や処理の要求精度厳しく
酸洗帯鋼10月輸入、39%増の5万9338d
製造所ルポ(JFE条鋼/鹿島製造所)
2019年12月11日
日鉄、ときわ会在庫低水準続く
11月末H形在庫、17万9000d
1年11カ月ぶりに18万d台割込む
神鋼商事とSCW、20年7月に国内溶材事業再編
顧客満足度向上へ熾烈に競う(師走相場の明暗材料F)
東西南北(19年は楽観で始まり悲観へ)
中国鋼材市況、12月上旬は条鋼類が下げ傾向
国内高炉品「安く売ることに」(OSA薄板部会)
2019年12月10日
J条、形鋼と棒鋼ミル体制最適化
鹿島で溝形鋼に参入
JFES福山から姫路にH形移管
「需要見合いの生産を」(普電工/渡邉会長)
「One teamの精神で取組もう」(東北鉄連/鎌田会長)
10年前の値下げ競争を再現(師走相場の明暗材料が綱引きE)
ステンレス棒鋼、市況緩やかに上昇見込み
鋼材市況「今週の展望」(東京)
2019年12月9日
全鉄連の阪上会長が意向表明
「ミルシートの様式統一を」
負担軽減、メーカーに理解求める
鉄鋼連盟、梶山経産大臣と鉄鋼業界懇談会
大鉄、J条がイニシアチブ喪失(師走相場の明暗材料D)
ここがポイント(日本製鉄/宮本勝弘副社長)
溝西鉄鋼、バンドソーの新型機を導入
覆面インタビュー(流通某社の新ヤード)
2019年12月6日
日本製鉄、薄板建材事業でもG再編
日鉄鋼板・日新製鋼建材が合併
売上規模、淀鋼に肉薄3強時代へ
JFE条鋼、鉄筋生産を水島へ移管
日鉄ステンレス、12月鋼板価格Ni系冷薄と厚中板1万円下げ
ここがポイント(兼松/岩田鉄鋼・素材・プラント副部門長)
溝形サイズエキストラの解消(師走相場の明暗材料C)
企業訪問(清水)
2019年12月5日
丸建リース、MISIが中国で新会社
中国・安徽で重仮設合弁
環境対応で鋼製山留工法展開へ
小野建、1次加工品比率3割へ
JFEスチール、突起付Hが八ッ場ダムで採用
ジェイテクト、豊精密の株式を100億円で取得
ここがポイント(JFEHD/寺畑雅史副社長)
溝形鋼戦線、東鉄・大鉄が火花(師走相場の明暗材料綱引きB)