日刊「日本金属通信」 
HOMEへ戻る
一面記事 
2018年12月12日
新日鉄住金、店売りH形鋼値上げ
12月契約から2000円
市況9万円突破ムードに入る
関東鉄源鉄スクラップ輸出、ついに3万円割れ(12契)
東京製鉄のスクラップ購入価格、岡山・九州・高松で500円下げ
JFEスチールなどAI承認による安全技術導入
岡谷鋼機と大同特殊鋼の米合弁、本社工場の移転と設備投資
トークトーク(東京製鉄/西本利一社長)
2018年12月11日
関東地区、11月鉄筋受注が大幅減
13カ月ぶりの低水準
製品市況への悪影響の懸念も
「鉄筋出荷、高いレベル」(普電工/明賀会長)
関西スクラップ、3万円割れ実勢化し先安
中国ミル2月積み輸出価格、HC以外は依然値下がり
イノウエ、1月に日立営業所を開設
記者室(東京ステンレス研磨興業/日下部繁社長)
2018年12月10日
JFES、ロールコラムで新製品
国内最強度JBCR385開発
34サイズ展開、プレスコラム代替可能に
日鉄住金建材、K5674対応カラーC形・角管値上げ
水道法改正、管路維持への民間参入に期待
鋼材市況「今週の展望」(東京)
ここがポイント(新日鉄住金/松岡弘明棒線事業部長)
電炉にも製造トラブル拡大
2018年12月7日
NISCが鋼板製品の値上げ表明
トン5000円程度改善へ
パネル建材製品は現行比10%
「米中摩擦の影響を注視」(鉄産懇/中村会長)
韓国ステンレス、需給バランス崩れ市場不調
日新製鋼の「黒ZAM」堅調、設備増強も
宮脇鋼管、行動理念の「学ぶ会」を始動
ステンレス商品、有力需要家の宣伝が目を引く
2018年12月6日
NSSC、店売り12月契約値下げ
Ni系1万円、Cr系5000円
市中は販売増で持ちこたえか
関東地区、H形鋼は9万円ほぼ実勢化
東海鋼材工業、空港トーイングカーの製作も
ポスコ鋼板、第4カラー鋼板ラインを竣工
覆面インタビュー(薄板流通事情)
住友金属鉱山と住友商事、チリの銅鉱山権益30%取得
2018年12月5日
需要減・後継者問題が顕在化
一般缶メーカー、漸減
連合会員、今年度すでに5社が廃業
鉄スクラップ市況軟化、東鉄高松は3万円割り込む
ステンレスCCがアルミ材扱い、加工品など多角化
東西南北(スクラップ3万円割れの急変)
「ひと味もふた味も違う機能提供を」(MISI/兼田社長)
三井物産、豪州ベンガラ炭鉱の持分売却
HOMEへ戻る